ご挨拶

 当病院は昭和27年に創立以来、地域に根差した質の高い精神科医療を志しております。「誠実で開かれた医療を行い、地域に貢献します」という病院理念のもと、住み慣れた地域で過ごすことができるように患者様その御家族様に少しでも良い医療が提供できるように日々精進しております。
 当医療法人は、平成7年3月より特定医療法人の承認を受けております。これは、「医療の普及及び向上、社会福祉への貢献その他公益の増進に著しく寄与し、かつ、公的に運営されている」という認定を財務省から受けているもので、患者様に対する高い公益性をもつ病院であることを意味しています。また、当院は多数の医師を始め、看護師、薬剤師、精神保健福祉士、作業療法士、臨床心理士、管理栄養士など様々な専門的な多職種によるきめ細かい治療やリハビリテーションをめざしています。統合失調症、双極性障害、うつ病、認知症、不眠症、強迫性障害、パニック障害を始め様々な疾患に対応ができる体制を整えており、平成24年より名古屋市から委託を受け、認知症疾患医療センターを開始し、認知症の早期診断・早期治療や認知症に伴う様々な精神症状に対しても積極的な治療・リハビリテーションを行っています。
 近年の精神科医療は目覚ましい進歩があります。平成8年に日本で使用可能になった統合失調症の治療薬であるリスパダールから始まり、副作用が比較的少なく、陰性症状にもある程度の効果が期待できる第二世代抗精神病薬(非定型抗精神病薬ともいいます)が出現して以来、ジプレキサやエビリファイといった新薬が次々と使用可能となり統合失調症の治療が飛躍的に向上しています。以前まではいったん統合失調症を発症した場合、入院加療を行い長期療養が必要なことも多かったのですが、前述の薬が使用になったことからより短期間に寛解にいたることが増え、入院期間の短期化、病状によっては初発から外来治療のみで治療が可能な事が増えてきています。最近では難治性の統合失調症の適応があるクロザリルも使用可能となり、当院においても厳格な副作用チェックを行いながら、クロザリルの使用を開始しております。このような近年の精神医学の進歩を積極的に取り入れるために、名古屋大学病院、藤田保健衛生大学病院を始めとして様々な専門医療機関との連携を密に行い、医学の発展における研究にも力を入れています。
 当院においては急性期治療にも積極的に関与しています。平成11年から急性期治療病棟を開始し、当該病棟においては、3ヶ月以内の短期間のうちに退院ができる体制を整えております。
 平成28年5月10日から、「誠実で開かれた医療を行い、地域に貢献します」の理念をさらに推進し、患者様に対する質の高い急性期医療、きめ細かいリハビリテーションをより総合的に行う決意として、「守山荘病院」から「もりやま総合心療病院」と名称変更させていただくこととなりました。患者様、そのご家族様のためにより良い医療を行うためには何ができるのかを常に考えながら精神科医療への貢献を行ってまいりたいと考えております。これまで以上のご支援、ご指導を賜りますようどうぞよろしくお願いいたします。


理事長 川島 邦裕

 
理 念
誠実で開かれた医療を行い、地域に貢献します。

 
 基本方針 

良質で安全な医療を提供し、信頼される病院を目指します。

各職場の連携を密にしたチーム医療を柱とします。

患者様が地域で快適な生活ができるようリハビリテーションを積極的に行います。

明るく、思いやりのある環境づくりを行います。

 

 患者様の権利と患者様へのお願い 

患者様は、必要な医療を公平に受けることができます。

患者様は、治療の目的や方法などについて説明を受けることができます。

患者様の個人情報は守られます。

患者様に良質な医療を行えるよう、医師・病院職員に健康に関する情報を
正確にお伝えください。

他の患者様の迷惑にならないよう院内規制をお守り下さい。

 
看護の理念
1.患者様の人権を守り、安全で安楽、安心して療養できる看護を
_ 提供します。

2.医療チームの一員として、他職種との連携を図り、
_ベッドサイドから地域への継続的ケアを提供します。

3.専門職として適切な判断、技術を養うため、自己啓発に努めます。