精神看護専門看護師
当院では精神看護専門看護師と認定看護師がおり、看護の質向上を図るために日々活動しています。
 

◆精神看護専門看護師

◆日本精神科病院協会 認定看護師

◆認知症看護認定看護師


 

 主に看護教育と医療安全管理者の活動をしています。看護教育における活動は、看護部職員の教育的ニーズに応じた研修の企画・運営、看護研究や学会発表の支援を行っています。看護実践の質向上のためには、現場で使える知識やスキルを高めることが大切と考え、ケースを用いるなどして実践的な研修内容にするよう心がけています。また、自分たちの実践が患者様の立場から考えてよいものになっているのか倫理的な視点で振り返る機会を持つことも大切にしています。医療安全活動では、事故・ヒヤリハット報告の内容を把握し、現場の安全担当者とともに対策を検討したり、問題となる状況の改善のために関係職種との調整を行ったりしています。他に地域で生活している方への訪問看護など、患者様やご家族への直接的な支援も行っています。患者様が症状と上手くつき合いながら、安心して自分らしく生活していけるよう、ご本人と共に考えていくことにやりがいを感じています。
 看護実践や職場での役割を担っていく際に生じるさまざまな疑問や悩みなどの相談を受ける機会も多く、リソースナースとして活用していただけるありがたさを感じています。今後も患者様やスタッフに役立つ活動ができるように、看護実践能力やコンサルテーションスキルの向上を目指して日々努力していきたいと思います。
菊池 美智子 
(精神看護専門看護師)


 

 現在、看護師長として病棟勤務を行っていますが、病棟だけでなく、地域における病院のあり方や役割などを考えながら、幅広い視野で医療に携わるよう心掛けています。管理者としての業務については、病棟機能やそれに伴う看護師の役割などを常に意識しながら、入院・転入時からリハビリの導入や社会資源の活用などを検討し、多職種カンファレンスなども実施しながら、患者様のニーズに合った質の高い看護が提供できるように努めています。また、多職種との連携に関しても、看護師の強みの一つである患者様へ密着した生活情報の共有に留意しながら、各職種の役割を把握しながら調整役を担っています。加えて委員会など病棟外での活動では、良質な医療・看護を提供するために、専門的な知識を用いて医療サービスの向上を目指し、多職種と協働しながら改善点を検討しています。
 認定看護師の資格を取得したことで、今まで積み重ねてきた知識や経験をさまざまな場面で活用できるようになったと感じています。今後も専門的な知識や技術を活かし、医療サービスを向上させるような取り組みに力を入れていきたいと思います。
小川 強 
(日本精神科病院協会 認定看護師)